日焼け対策

背中の日焼けのケアは一人の時どうする?体が硬い人にオススメの逸品

投稿日:

空

自分から見えない部分のお手入れというのはついつい忘れてしまいがちです。その中でも特に背中というのは日焼けしやすいですし、日焼けした後のケアには悩まされるものです。


意外に日焼けしやすい背中

自分からは見えない部分のお手入れというのはついつい忘れてしまうものです。

その中でも特に多いのが背中です。

うぶ毛の処理はもちろんなのですが、中には日焼け対策を完全に忘れてしまって、バッチリ日焼けした後でそのケアに悩まされるというパターンも多いものです。

基本的に日差しがあると、その日差しから顔を背けて、背を向けてしまうことが多くなります。

そうなってくると、必然的に背中が日焼けしてしまうのです。

海水浴などで露出が多くなればなるほど、よりいっそう日焼けしやすくなります。

日焼け止めを塗らなければ、綺麗に背中を全面日焼けしてしまうこともあるでしょう。

背中を日焼けしてしまったときのケア

背中を日焼けしてしまったときのケアなのですが、まずは水で冷やすようにしましょう。

シャワーをかけるだけでもいいでしょう。十分に冷やしたら、今度は乾燥しないように水分補給をおこなっていきます。

化粧水やローションなどを使っていくのですが、日焼けしている肌というのは思っている以上に敏感ですので成分があれこれ入っているものよりはシンプルな配合になっているもののほうがいいでしょう。

日焼けした範囲にもよるのですが、惜しみなくバシャバシャと肌への水分補給をしていきましょう。

最後に水分を逃がさないようにワセリンなどで蓋をするようにしましょう。

背中を日焼けしてしまったときの塗り方

背中を日焼けしてしまったときの塗り方ですが、基本的にどうにかすれば腕の可動範囲だけで背中をカバーすることができます。

ただ、腕を痛めているということもあるでしょうし、肩を痛めているということもあるでしょう。

そういうときには、孫の手などを使って塗っていくといいでしょう。体の硬い人、怪我をしていたり背中に塗りづらい人にはオススメです!


 

 

最近では、背中に軟膏を塗るためのアイテムなども出ていますので、そういったものに化粧水やローション、ワセリンなど必要なものをつけた上で、塗っていくようにすれば腕や肩にも負担がかかりません。それでも難しい場合には必要なものを塗り付けたガーゼなどを貼り付けていくという形でもいいでしょう。

まとめ

背中というのは思っている以上に日焼けしやすい部分です。

見えない上に手が届きにくい場所でもありますが、塗り方を工夫して、しっかりと日焼け後のケアをしていくようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせてお読みください。

日焼け
腕の日焼け対策で暑いのは嫌!涼しい紫外線防止の素材、ひんやりスプレー活用法

暑くなってくると半袖やノースリーブが大活躍するのですが、その分、腕の日焼け対策も重要になってきます。 暑いからこそ少しでも涼しい素材のものを選んで、腕の日焼け対 ...

続きを見る

トマト
日焼けしやすい体質でお困りの方におすすめの食べ物

自分だけが日焼けしやすいということで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 それは体質の問題かもしれません。体質を理解して、体の内側から対策を取っていくと違っ ...

続きを見る

紫外線
日焼け対策はおしゃれな帽子で紫外線防止!かわいい帽子5選

これからの季節陽射しが強くなるにつれ気になるのが紫外線。 帽子ならなんでもいいというわけではなくやはり可愛いものを選びたいですよね。 そんな日焼け対策とかわいさ ...

続きを見る

タオル
潮干狩りの日焼け対策方法とは?首周りを日焼けから守ろう!

開放的な空間で楽しむ潮干狩りは気持ちが良いですね。でも心配なのが日焼け。 海辺は日差しが強いので日焼けのダメージを受けやすいです。 特にしゃがみ込んで貝をとって ...

続きを見る



-日焼け対策
-

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.