新入社員

新入社員の心得って?入社1年目で覚えたい基礎スキルとマナー

投稿日:2017年2月22日 更新日:

この記事は
「新入社員ってどんな風に1年過ごしたらいいの?」
「どんな仕事でも1年目に覚えておくべきスキルが知りたい」
「マナーとか苦手なんだよね」
そんな新入社員の方にオススメです。

新入社員としてこれから社会へ羽ばたいていく方にとっては、いろいろと不安なこともあるでしょう。ここでは新入社員の心得や1年目で覚えたい基礎スキルとマナーについてご紹介していきましょう。


新入社員の心得とは

まずは、新入社員の心得についてです。新入社員の心得というのは、非常にシンプルです。

というのも、「社会人としての自覚を持つ」ということに新入社員の心得が凝縮されています。

それまでは学生として多少の奔放も許されてきたかもしれませんが、社会人になると学生時代のようにはいかないものです。

すべての言動に社会人としての責任がかかってきますので、学生気分を脱ぎ捨てて社会人としての自覚を持つことが新入社員にとっての心得になってくるでしょう。

流れで学生から社会人になったような感覚でいる方もいるかもしれませんが、学生と社会人ではその立場がまったく違ってくるのです。

新入社員1年目で覚えたい基礎スキル

まず新入社員1年目で覚えたい基礎スキルには、コミュニケーションスキルが挙げられます。

学生時代に付き合いが広かった方の場合には特にコミュニケーションスキルに自信を持ちやすいのですが、社会人として求められるコミュニケーションスキルというのはまた違ってきます。


社会人として求められるのはしっかりと聞き取るスキルと相手にわかりやすく伝えるスキルです。

インプットとアウトプットといってもいいでしょう。また、わからないことを聞くスキルも必要です。

自己判断で大変なことになってしまうことは少なくありません。

新入社員1年目で覚えたいマナー

そして、新入社員1年目で覚えたいマナーとして言葉遣いが挙げられます。

学生時代は目上の方とでもフランクな感じでやりとりができていたかもしれませんが、社会人になれば基本的に誰に対しても失礼のない言葉遣いが求められます。

直接面と向かって話すときはもちろん、メールの文面での言葉遣いも重要になってきます。

書類の作成のときなどにも当然、正しい言葉遣いが求められます。

「なんか〜」「〜っす」といった学生の頃を引きずっているような言葉遣いはNGです。

社会人のマナーとして、誰にとっても不快感を与えないような正しい言葉遣いを実践できるようにしていきましょう。

お疲れさまでした

新入社員としてこれから羽ばたく方はその心得をしっかりと心に刻んで、必要なスキルやマナーを身につけていきましょう。

早く一人前になれるように頑張っていきたいものです。

最後までお読みいただき有難うございました。

こちらもあわせてお読みください

上司
新入社員への不満の理由の第1位って?上司、同僚に好印象を与えるために

この記事は 「就職するにあたって一般的に新入社員への不満で多いことを知っておきたい」 「上司に好印象を与えたい」 そんな新入社員の方にオススメです。 新入社員へ ...

続きを見る



-新入社員

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.