入学式

入学準備の名前シールのおすすめと種類!お得なセットの選び方

投稿日:2017年2月9日 更新日:

入学式

この記事は
「小学校の入学準備で名前シールをどうしたらいいの?」
「名前シールの選び方が知りたい」
「ママに人気の名前シールってどんなの?」
「お得なシールのセットないの?」
そんなママにオススメです。

ご入学おめでとうございます!
入学に向けて様々なものを一から準備するのでママは大忙し!

つい軽く考えてしまうのが、名前入れで使う名前シールです。名前シールはシールやスタンプ、アイロンで付けるものなどいろいろな種類があります。
ママの負担を減らしつつも子供が喜ぶ名前シールを選びましょう!


名前シールは入学前にサクッと準備

幼稚園では名前を書くのに「マッキー最強!」と言ってるママも多いですね。
ですが、小学校にもなると筆箱、文房具、算数セットなど名前を書くもの自体がとても小さくなるのでマッキー最強説は通用しなくなります。

忙しいママとしては手書きに時間を割くよりも用途に応じた名前シールをサクッと購入して、それ以外の準備に時間を使いたいところですね。

では、名前シールの種類と選び方をご紹介します。

名前シールの種類と用途に合わせた選び方

お名前シールには用途に合わせてスタンプ、シール、アイロン式の3種類があります。

スタンプ

お名前スタンプはあらゆるところに押せるのが一番のメリットです。文房具はもちろん、靴下などの布にも名前をつけることができます。
油性なので、簡単に落ちてしまうこともありません。さらに、インクがあるうちは何回でも使うことができるので、コストパフォーマンスは最高です。

デメリットとしては、失敗する可能性があることですね。物によってはまっすぐにスタンプを押すのが難しいものもあります。
失敗して名前が読めないと困るので、まっすぐに押せるように定規がついていたり、失敗した時のために白い修正用のスタンプがセットになっているものもあります。

シール

シール型は簡単に貼ることができるのが一番のメリットです。貼るのに失敗しても新しいシールを貼るだけなので簡単ですね。
様々なサイズのシールが100枚以上のセットになっているものを選べば、まず足りなくなることはなさそうです。


歯ブラシや絵の具、弁当箱、水筒などには防水・撥水性のシールを貼りましょう。

中でもシール貼りが大変なのが算数セットです。算数の勉強のための道具セットなのですが、とにかく恐ろしく細かいんです。
凹凸が激しいおはじきや棒状のものでピンセットを使って貼ることになります。さすがに一般の大きさのシールでは大きすぎるので、算数セット専用の名前シールが販売されています。

シールのデメリットとしては、どうしても剥がれるというところです。子供はシールを剥がして遊んだりするので、なるべく粘着力のしっかりしたもので枚数の多いものを選んでおきましょう。

アイロン

アイロンを押し当てて名前をつけるタイプは布に適しています。洗濯しても落ちにくく、体操着や靴下などに使用することができます。

デメリットとしては手間がかかることです。ですが、最近は布アイロンシールというのもあって、アイロンなしで布に貼れる名前シールもあります。

おすすめの名前シール

名前シールはおしゃれ過ぎると貼る場所を選んでしまうし、シンプル過ぎてもそっけない感じがしますよ。さらに枚数が少なすぎて足りないなんてこともあるので、購入の際は注意しましょう。

とにかく名前を貼るものが多く、素材も様々なのでスタンプとシール、アイロン式の3種類がセットになった名前シールがおすすめです。

単品でスタンプのみやシールのみを買ってもいいのですが、割高になりますし、デザインもバラバラになってしまいます。
セットで1,000円から3,000円くらいで大量のシールが購入できますよ。

名前シールのまとめ

幼稚園までは手書きでなんとかなった名前入れですが、小学校だと貼る物が格段に増えます。

入学説明会では、「持ち物全てに名前を入れてきてくださいね〜」なんて軽く伝えられますが、想像以上のものの多さと細さに愕然とするママも多いです。

便利な名前シールを利用して入学準備をスムーズに終わらせたいですね。

最後までお読みいただき有難うございました。

入学式関連の記事をまとめてみましたので、あわせてお読みください。

桜
入学式の記事まとめ!ママ、子供の服装やスリッパなど入学式前後に準備したいもの

卒園式が終わると4月にはすぐに小学校の入学式が控えています。 卒園式の準備に追われていたパパ、ママも気持ちを切り替えて入学式に臨まなければなりませんね! つい忘 ...

続きを見る



-入学式

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.