お花見 鎌倉

鎌倉の桜はトンビ、鷲に注意して花見を楽しもう!オススメの対策とは?

投稿日:2017年2月8日 更新日:

トンビ

この記事は
「鎌倉の桜を見に行こうと考えている」
「鎌倉の花見には行ったことがない」
「トンビや鷲がいるって噂を聞いて鎌倉の桜を見に行くか迷っている」
そんな方にオススメです。

僕は鎌倉に住んでいるのですが、トンビや鷲を毎日見かけます。かなり上空に飛んでいるのですが、大きいので目立つんですよね。
初めて鎌倉、湘南に花見に来る人はビックリするはず。でも対策さえしておけば、襲われることは少ないですよ。


鎌倉の桜のお花見はトンビ、鷲に注意

毎年、お花見の時期になると鎌倉の桜を求めてたくさんの人がお花見に訪れます。
鎌倉には桜の名所がたくさんあるので、割と人も分散しやすく都内よりゆっくりとお花見ができるのでとても人気があります。

ですが、注意しなければならないのが、トンビ、鷲の存在です。
上空から花見のお弁当や手で持っている食べ物などを狙ってきます。そのスピードは凄まじく速く、一瞬で手元の食べ物が消えます。

つい最近は目の前でサンドイッチをトンビに取られた人がいました。一瞬の出来事でしたが、トンビが急降下して、その人の手元のサンドイッチだけ掴んで飛び去っていきました。残されたのは包み紙と飛び散ったケチャップという悲惨な状況でした。幸いケガはなかったようでしたが。

その他にもお弁当を安易に広げているとグチャグチャにされることもあります。
家族連れでお弁当を広げて全部荒らされ、子供は泣いてしまって悲惨な状況になってるのも見たことがあります。

トンビ対策を知って安全に鎌倉の桜を楽しむコツをお伝えしますね。

鎌倉のお花見でトンビ、鷲に狙われないための対策

トンビは距離感を測るために少し地上近くまで様子を見にきます。そして、上昇してタイミングを見計らって急降下してくるんです。

それと基本的に人の背後、上空の斜め後から食べ物を狙ってきます。真正面から突っ込んでくるというのは聞いたことがないです。

つまり、背後に桜の木や壁があるところだとトンビに狙われにくくなります。さらに桜の木の下という最高なポジションが取れればトンビや鷲は怖くありません。

花見でどんなところに座るかで狙われるかどうかが決まると言っても過言ではありませんよ。
トンビ、鷲に狙われにくい場所が取れるといいのですが、食べ物を持って歩いた隙に狙われることもあるので注意しましょう。

トンビ、鷲の対策にオススメの効果的なグッズ

トンビや鷲は上空から食べ物を狙っているので、食べ物や飲み物はできるだけクーラーボックスなどにしまっておいて、口にする時だけ出すようにしましょう


ちょっとした弁当箱なんかは荒らされたりしてグチャグチャになることもありますので、できるなら丈夫なクーラーボックスをオススメします。

最も安全でオススメなのは簡易テントですね!
肩から下げて持てる軽いテントでも、中に入ってしまえば、トンビも狙いようがありません。

我が家ではお弁当を食べる時だけ簡易テントを使うようにしています。桜が見れる視野が少し狭くなりますが、トンビに襲われるよりははるかにマシですね。
簡易テントは安くても日差しを防いでくれるので、花見以外でも夏場の海でも大活躍してくれるので、オススメです。

ちなみに我が家で買ったテントはこちらです。片手で持てる軽さでワンタッチで広げられます。
何年も使えるほど耐久性はないかもしれませんが、これで2年ぐらいはいろんな場所で使っています。

 

お疲れ様でした

鎌倉の桜は名所が多く、とても人気がありますが、トンビと鷲の存在を知らずに来てしまうと大変な目にあう可能性があります。
対策自体は難しくないので、事前準備をバッチリして鎌倉の桜を楽しみましょう!

最後までお読みいただき有難うございました。

あわせてお読みください。

桜
花見の記事まとめ!寒さ対策、お弁当、屋形船、鎌倉の桜などなど

花見に関する当サイトの記事をまとめてみました。 目次的にご利用いただくとお目当ての記事がすぐに見つかると思います。 ぜひ、ご活用くださいませ!

続きを見る



-お花見, 鎌倉
-

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.