社会人

転職理由はネガティブをポジティブに変換!人生を豊かにする選択を

投稿日:

転職

この記事は
「転職を考えてるが、理由を自問自答している」
「自分にとってプラスの転職かマイナスの転職になってしまうかが不安」
「自分にとってプラスになる転職をしたい」
そんな方にオススメです。

転職する理由は様々です。問題はその理由がプラスかマイナスか、ポジティブかネガティブかによります。
転職を成功させるためにもその理由をプラスのものに変えましょう!


ネガティブな転職の理由

転職活動は動機がポジティブでないとうまくいかないことが結構あります。
ですが、労働環境が劣悪、職場の人間関係に問題があったことで転職を志す人も多いのも事実。

人間関係の不満や、労働時間と給与の問題が、一番多い離職の動機であるといわれています。ですが、転職においてネガティブな理由を語るのはよくないですが、マイナスの理由で仕事を辞めるのがよくないかといえば、必ずしもそういうわけではありません。

転職のためのポジティブな理由がみつからず、職場を辞めることができないと我慢ばかりしていても不満は何一つ変わりません。終身雇用制が崩れつつある現在、一つの職場にいつまでもこだわる理由はありません

今の仕事から逃げることが目的となり、辞めたい一心で転職した場合、その後がなかなか続かないことは念頭に入れておきましょう。仕事を辞める時は、現状から逃避する気持ちだけで進めてしまうと転職自体が目的になってしまいます。

転職とは、あくまで目的ではなく手段にすぎません。転職理由が逃避であっても、すべてが問題だというわけではありません。ただし、現在の仕事は何が駄目で、どういった点に問題があって逃げたいと思うのか、どうすれば満足できるのか。

そういった点をきちんと分析してから、転職を考えるようにしませんか?

ポジティブな転職の理由

転職するときにポジティブな理由で活動すると、就職先を探す時に有利なだけでなく、先々のさまざまな局面で大事になってきます。
プラス思考で就職先を選択したという考え方は、その後の資産になります。

発端はネガティブな理由から転職を決意したのだとしても、その思いをポジティブな理由に変えれば、心の支えが生まれるからです。

まず、なぜ転職を考えているのかをじっくりと見つめ直し、紙に書き出してみます。誰かに見せるための就職活動用の動機ではなく、自分が納得できる明確な動機を見つけなければなりません。


厳しすぎる業務、人間関係の悩み、辛い残業などブラックな原因があった人でも、もっと具体的な理由を探してみます。さらに、どのような状態になれば満足できるかを考えましょう。

たとえば、残業が辛くて転職を考えている人がいたとしても、実際には残業自体よりも仕事内容に対する不満があったりします。
仕事が面白いもので、やりがいに満ちていれば、残業をしなければならなくてもある程度は頑張れるはずです。

仕事を頑張りたくないのはなぜか、本当は何がしたいのか。

やってみたい仕事と現在の自分の状態との差を明確化し、「自分はこんな風にしていたいのだが、現在はこんな感じ」というように状況を整理することで、ポジティブな動機の発見につなげます。

就職活動に向けて転職の理由を見つめ直す

転職理由は、どの会社への就職活動でも聞かれます。
面接担当者が転職理由を聞く理由は、人物像を知るためですが、採用した場合、同じ理由で退職することにならないか、前の職場で抱いた転職理由は自分の会社で解消されるのかを確かめるためです。

例えば、残業の多さに不満があって転職をした人は、残業が頻繁に求められる会社からの採用は難しくなります。同じような理由で辞めてしまいそうだからですね。

職場を変える理由には人間関係の問題を挙げる人が多いのですが、そのような人は会社を変えれば問題は消えるのでしょうか。

面接で、辞めた理由に人間関係のゴタゴタが絡んでいたことを話す時には注意が必要です。人間関係の悩みはどんな職場でもありますから、職場を変えても再発しないとは限らないと面接担当者が感じます。

また、周囲の人が原因で問題が起きた、自分は悪くないと言うような他責な人はまず断られます。自分に責任があるかを把握していない、いい加減な人と思われることがあるからです。

仕事を辞めた理由が人間関係のもつれであるということは、特に隠す必要はないんです。
重要なのはそれをどう表現するかです。

面接の場では、表現を少し工夫することで採用確率がぐっと変わります。問題点を明瞭にして、トラブルの原因は何で、どのように対応したかなどを分析して具体的に話せば納得感は上がります。

お疲れ様でした

辛い職場で仕事も嫌いだと一度きりの人生を棒に振っているようなものです。

自分には転職なんて無理だと諦めている人も少なからずいるようですが、人生はやり直しができるんです。毎日、気分が落ち込んだまま会社に向かうのはやめて自分の人生の一部として楽しめる仕事、職場を探してみてはいかがですか?

最後までお読みいただき有難うございました。



-社会人

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.