体験記 入学式 小学校

小学生の通学におすすめの防犯グッズ!選び方のポイントとは?

投稿日:2017年1月29日 更新日:

防犯

この記事は
「小学生になった子供の通学用に防犯グッズ購入を検討している」
「どんな防犯グッズがあるのか知りたい」
「防犯グッズの選び方を事前に抑えておきたい」
そんなパパ、ママにオススメです。

小学生になると幼稚園までと違い、自分で学校まで通うことになります。近所の子供で集まり、グループで登下校するところも多くなりました。

どんな防犯グッズが有効なのか、その種類やメリット・デメリットを踏まえて適切なものを選びましょう!


小学校の通学には防犯グッズを持たせよう

「近所に同じ学校に通う子供が少ない」「電車やバスに乗ることもあって少し通学時間が長くて心配」「通学時に一人になってしまった時が心配」そんな時に備えて防犯グッズを持たせるご家庭も増えてきましたね。

通学中に狙われるのは一人の時が多いので、お友達と登校させた方がいいですが、一緒に通うお友達がお休みや遅刻をすることで一人になってしまったり、家庭の事情で通学が一人になってしまうこともありますね。

人通りの少ない道を通らないように教えていても、子供の行動は予想できないことも多いので心配は尽きません。

そんな時に備えて、事件に巻き込まれないように防犯グッズを持たせておきましょう!

防犯グッズの種類とメリット、デメリット

現在は様々な防犯グッズが販売されています。親世代が子供の頃にはなかったものばかりなので、どんなものがあって、どんなメリット・デメリットがあるかは調べたり聞いたりしないとわからないですよね。

それでは、一般的に人気のあるものを見ていきましょう。

「防犯ブザー」

防犯ブザーはランドセルやカバンにくっつけて紐やボタンを押すと大きな音が鳴り、周囲に異変があったことを知らせるものです。

メリット
持っているだけで犯罪の抑止力になる
気軽にバッグに付けられる
使い方が簡単

デメリット
音を出して遊ぶ子も多く、本当に危険を知らせたいのかわからないことがある
子供の力では音を止めることができないものもある
誤作動すると近所迷惑になる

防犯ブザーはとても大きな音が出るので、手軽な反面、選び方を間違えるととても迷惑になってしまいます。

「子供用携帯、GPS」

GPSで子供の現在地がわかるというものです。迷子になったり、万が一連れ去られた時に一つの目印になります。

メリット
持っているだけで親は子供の居場所がわかる
ランドセルやカバンに入れるだけなので気軽
電話やメールの機能で連絡が取れる

デメリット
見た目で分かりづらいので、犯罪の抑止力にはならない
月額の料金がかかるものもある
携帯を禁止している学校も多い

GPSは子供の現在地を知って迎えに行くには便利ですが、犯罪を事前に防ぐものではありません。
子供と連絡ができるのは親として安心ですね。


防犯グッズの選び方

大きく分けると「防犯ブザー」「子ども向け携帯電話」の2種類があります。

防犯ブザーの選び方

子どもの激しい使用に耐えられる丈夫さ、防水、防塵性能が高いもの
子供は木に登ったり、転んだりと普段から激しく遊ぶことが多いので、いざという時に音が鳴らないなんてことも。
定期的に音を出してみるチェックも必要ですね。

音が95dB以上のもの(犬の鳴き声が90dBと言われています)
どんなに優れていても肝心の音が小さいと何の役にも立ちません。周りの大人に気づいてもらうために音量は最低でも95dB以上は欲しいです。

子供だけで音が止められるもの
簡単に止められるのも問題ですが、子供が間違って作動させた時に力が足りず止められないと大変な迷惑になってしまいます。
止め方を知っている人だけ簡単に止められる、そんな仕様のものを選びましょう。

ネットでもたくさん売っているので、チェックしてみましょう。

【送料無料】グルマンディーズ 防犯ブザー 妖怪ウォッチ [ヒカリオロチ] YW-15B [子供用 キッズ用 セーフティーグッズ かわいい ランドセル キャラクターグッズ 携帯用 安全対策 危険回避 犯罪被害防止 災害救援 大音量]

子ども用携帯の選び方

ドコモ、au、ソフトバンクではGPS機能や防犯ブザーの機能がついた子ども用携帯を販売しています。
親が登録しているキャリアと一緒になりますが、月額で400~1,000円程度かかります。
都度、無料キャンペーンなど行っているので、ぜひチェックしてみてください。

登録した番号に電話ができる
3~10件の登録した番号に電話ができる機能があるものを選びましょう。

GPS機能がある
電話をしなくても親が居場所を把握できるようにGPS機能は欲しいですね。

防犯ブザー機能がある

本体に紐が付いていて引っ張ると防犯ブザーのように大きな音が出ます。防犯ブザーの機能も兼ねていてとても便利ですね。
学校で持ち込みが禁止されているか確認してみましょう。

子ども用の携帯は充電を忘れがちなので、毎日充電を日課にしましょう!

一般的な子ども向け防犯グッズとして防犯ブザーと子ども用携帯電話をご紹介させていただきました。

お疲れ様でした

子どもが一人で通学となると心配は絶えませんよね。
心構えも大切ですが、万が一に備えて防犯グッズも用意しておくといいですね。

普段から防犯について話をするようにして意識を高めながら、安心に通学できるようにサポートしていきましょう!

最後までお読みいただき、有難うございました。

入学式関連の記事をまとめてみましたので、あわせてお読みください。

桜
入学式の記事まとめ!ママ、子供の服装やスリッパなど入学式前後に準備したいもの

卒園式が終わると4月にはすぐに小学校の入学式が控えています。 卒園式の準備に追われていたパパ、ママも気持ちを切り替えて入学式に臨まなければなりませんね! つい忘 ...

続きを見る



-体験記, 入学式, 小学校

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.