ダイエット

とにかく小顔になりたい!気になる顔の脂肪を徹底的に落とす方法

投稿日:2017年1月22日 更新日:

小顔

この記事は
「ダイエットをしても顔だけ丸いまま」
「何としても小顔になりたい」
「小顔になる整形手術も考えている」
「30代、40代で肌がたるんできた」
そんな方にオススメです。

実際に芸能人やモデルさんを目の前にすると必ずと言っていいほど「顔小さ〜い」って言葉が出てきます。
それぐらいみんな小顔に憧れてるんですね。

年齢や体質、骨格などによって小顔になる方法は変わってきます。あなたになった方法を見つけましょう!


顔の脂肪をとってスッキリ小顔に見せたい

なぜ顔は丸く見えてしまうのか?やはり顔の筋肉を動かす機会が少ないことが顔に脂肪がつく理由ですね。

一番顔に脂肪がついてみえる場所は頬とあごの部分ではないでしょうか。柔らかい物ばかり食べている現代人はアゴを使う回数が少なくいので顔の脂肪が減少しません。そのため顔についた脂肪のせいで、実際の体重よりも太って見える人が大勢いるんですね。

顔の脂肪を取りたい、顔の脂肪を燃焼させて小顔になりたいと思う人はたくさんいます。
さらに、ある一定の年齢を超えるとどうしてもフェイスラインが崩れてきたり、顔全体がたるんできます。

顔の皮膚はとてもデリケートで、脂肪を燃やすほどの顔面運動やマッサージは皮膚に負担がかかるのでオススメできません。
フェイスマッサージやエクササイズをして血流をよくして顔の新陳代謝を活発にし、むくみやたるみを取ることで小顔に見えることもあります。

近頃は、30代や40代の人も若々しく見せたいと思う人が増えているようです。いつまでも第一線で働く人が増加しているからでしょう。
一方で高い美意識を持ちながらも、生活スタイルがアンバランスなためにストレスがたまりやすい状況になります。

そして肌が荒れてたるむことで皮膚の下の脂肪が強調されてしまうのです。若々しさを取り戻すためにも、顔の脂肪を取り除いて、フェイスラインがシャープになるように頑張ってみましょう。

顔の脂肪対策マッサージで小顔になれるかも

顔の脂肪を減らす法方として、顔マッサージもあります。
顔マッサージを始めてすぐに効果が出てくるものではありませんが、顔の皮膚が負担を感じることもなく、自然な引き締めが可能です。

顔マッサージをしたからといって脂肪が取れるというのではなく、マッサージ効果で血行をよくし、新陳代謝が活発になることでむくみが取れ、顔の脂肪が燃えやすくなるようにするのが狙いです。

顔の脂肪を取るためには、お風呂に入っているときにマッサージをしましょう。
体が温まって新陳代謝が活発になっている入浴中にマッサージをすることで、より効果的に顔の脂肪を燃焼できるからなのです。


マッサージをした後は冷水のパッティングによって肌を引き締め、それから多目の化粧水で肌の保護をしましょう。
小鼻の両脇から顔の外に向かって、下から上へと揉み込むようにマッサージを進めていきます。その後、顎の輪郭線に沿って両顎の下の部分まで力を入れすぎないように気をつけながら指の腹をすべらせます。

傷つきやすい顔の皮膚を守るためにも、マッサージをするときは決してこすったりせず、やさしく行うことがポイントです。

入浴中には顔だけでなく頭皮のマッサージも顔の脂肪対策に有効です。顔と頭皮の脂肪には関係がないように思われますが、頭皮の血流をよくすることは、顔の全体の血の流れをよくすることにもつながるので顔の脂肪が燃焼されるのです。

顔の脂肪を吸引する方法も

ちょっと怖いですが、顔全体や頬、あごなどについた脂肪を取り除くために整形手術で脂肪吸引という方法もあります。
顔の脂肪を吸引することによって、顔のラインをシャープにする整形手術も美容外科などで行っています。

おなかや太ももだけに行われるだけではなく、顔の場合にも脂肪吸引ができるんですね。

決して少ない料金で行えるものではないので、術後のケアがどこまで保障されているかなども含め、料金についてもきちんと把握するようにしましょう。

顔の脂肪吸引では、カニューレという細い金属製の管を使って顔の皮下脂肪を吸い出します。あごや頬の脂肪が取り除かれると、顔の輪郭がきれいになって顔の印象もはっきりしてくるというメリットがあります。

この頬やあごの脂肪を吸引するときは、カニューレを耳の後ろから入れるため、傷跡の心配もありません。お腹の脂肪吸引などと違い、顔の場合は手術時間が短くて済み、だいたい30分くらいです。

手術後は痛みが数日あり、むくみや腫れを伴う場合もありますが約1週間で治まっていきます。
すべての病院というわけではありませんが、顔の脂肪吸引後は入浴やスポーツを禁止するところもあるようです。

顔は脂肪をとにかく減らせばいいというものでもないので、顔のどの辺りをどれくらいまで細くするかなどきちんと話しあうために、脂肪吸引の手術前のカウンセリングをしっかり受けるようにしましょう。顔の脂肪は取りすぎると、老けた印象を与える顔になってしまうので気をつけましょう。

お疲れ様でした

小顔になるのって大変ですね。ダイエットしても顔だけ痩せないという人も多くて困っている人も多いのが事実。

脂肪吸引も一つの方法ですが、顔のマッサージでむくみ、たるみを取るのをまずは実践してみてはいかがですか?

最後までお読みいただき有難うございました。

あわせてお読みください。

お腹
今すぐできる!意識で痩せる!健康的にお腹の脂肪を落とす方法

(この記事は2017年1月25日に更新しています) この記事は 「お腹まわりのお肉を取って健康的な体型になりたい」 「お腹を中心にダイエットしたい。できれば簡単 ...

続きを見る

洗顔
洗顔方法でガラッと変わる 洗顔前の準備と洗顔料の選び方

(この記事は2017年1月23日に更新しています) この記事は 「洗顔する理由を根本から知りたい」 「毎日適当に洗顔してるけど、準備とか必要なの?」 「自分にあ ...

続きを見る



-ダイエット

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.