寒さ対策

寒さ対策は服の見直しから!男性向け冬のファッション

投稿日:2016年10月1日 更新日:

寒さ対策

寒さが厳しい季節になってきました。

アウターで寒さ対策ができていれば、ある程度外に出ても寒くなくなりますよ。

毎年、同じ服で寒い寒いと言っている方は冬服のアウターを中心に見直してみましょう。

僕もコートを素材から見直したら、外出が苦ではなくなりました。

何を着たら寒さが和らぐか、迷っている男性は多いと思います。

そんなあなたに寒さ対策バッチリの服をご紹介します!

寒さ対策を万全にして冬を満喫しましょう!


  

寒さ対策万全!服の素材から見直そう!

寒さ対策

まず、服のアウターから見ていきましょう。

コート・ジャケット

コートで寒さ対策といえば、ダウンジャケットですね。

ダウンジャケットはダウンフェザー(羽根毛、羽毛)を詰めたジャケットで寒さ対策の防寒服として知られています。

ファストファッションで価格も安く手に入るようになったので、着ている人も多く、安心して着ることができます。

オシャレな人は人と被るのを嫌がる、モコモコしてシルエットがイマイチという人も多いです。

ピーコートも冬場に大人気
ピーコートは船乗りのコートに由来していて、風向きによってボタンをどちらからでも絞められるようになっています。

風が入りにくい作りになっているので、寒さ対策も万全でオシャレな服も多いです。

ただ、ダウンジャケットよりは防寒性が落ちますので、素材に高級なものだとアンゴラ、カシミヤ、一般的なものだとウールを使用したものを選べば寒さ対策をすることができます。

ダッフルコート
ダッフルコートは漁師が冬場の作業中でもボタンを留めやすいように工夫された寒さ対策の服です。

ボタンというよりはトグルと呼ばれるもので前の部分を簡単にとめることができます。手袋をしたままでも、着脱ができる便利な一面があります。

こちらも、ダウンジャケットよりは防寒性が落ちるので、ピーコート同様に素材に高級なものだとアンゴラ、カシミヤ、一般的なものだとウールを使用したものを選んで寒さ対策をしましょう!

インナー

コート、ジャケットで寒さ対策ができていればかなり暖かくなっているはずですが、インナーも気を使えばさらにほかほかになりますね。

最近では一枚でも暖かくなる寒さ対策のインナーが各社から販売されていますので、半信半疑でも是非おためしください。もちろん、それだけ着ていても暖かくはなりません。セーター、ニットの下に重ね着するようにしましょう!

パンツ(ズボン)

パンツはなかなか難しいところですね。定番なのはコーデュロイのパンツですね。

日本ではコール天と呼ばれることもありますね。

パイル地と言って、基本はタオルに近い織り方になっていますので肝心なのはその密度になります。

スカスカなものはコーデュロイでも風を通してしまうので、密度の濃いものを選んで寒さ対策をしましょう。

デニムのジーンズをはきたいという方も多いと思いますが、その場合は中にレギンスなどを重ねると冬でも寒さをあまり気にせずおしゃれを楽しむことができます。

帽子

冬の帽子の定番はニット帽ですね。

他にもいろいろありますが、頭寒足熱という言葉があるぐらいですので、そこまでホカホカにしないほうがいいですねw

風通しのいいニット帽で十分かと思います。

もし、すでにお持ちでバリエーションが欲しいという方には耳まで暖かくなるニットガイド付きのニット帽がオススメです。オシャレ度が一気に上がりますので、全体とのバランスが重要になってきます。


手袋

手袋も必需品ですね。

素材に関してはレザーやニット、様々な種類がありますが、用途を考えて購入するといいでしょう。

というのは、スマホを触る際にスマホに対応した素材の手袋じゃないと毎回外す手間が発生したり、厚手すぎてコートの袖に入らないものありますのでご注意ください。

寒さも冬本番を迎えるとスニーカーは厳しくなってきます。

そこでオススメなのはレザーを使ったブーツです。
風を通しにくいので暖かいのですが、冬場は厚めの靴下を履くのでサイズ選びは少し大きめなものを選んだほうが無難です

。薄い靴下で試着をしてピッタリだと実際に厚めの靴下を履いた時にきつくなってしまうのでご注意ください。

一通りの服での寒さ対策ができてきたのではないでしょうか?

次に寒さ対策で外せない体の3つの首と暖め方をご紹介します。

寒さ対策の服装で大切な3つの首

寒さ対策は3つ首を温めることが大切です。

3つの首とは「首」「手首」「足首」のことです。3つの首は皮膚が薄く寒さを感じやすいので、温めることが重要ですね。

3つの首を温めるためには、首を温めすマフラー・スヌード・ストール、手首を温める手袋・袖が長めのトップス、足首を温める靴下・レッグウォーマー・ブーツなどが有効です。

首を温めるマフラー・スヌード・ストール

寒さ対策で重要な首を温めてくれるのはマフラー・スヌード・ストールですね。

素材がアンゴラ、カシミヤあたりを選んでおくと間違いないです。

あとは首にグルグルと巻ける長さがあるかだけチェックしてください。短めで顎の辺りが寒いのは避けたいですね。

手首を温める手袋

手袋は素材とその長さが重要です。

素材には気を配る方が多いのですが、手首全てをカバーする長さがないと風邪が入って冷えてしまうので注意が必要です。

足首を温める靴下・レッグウォーマー

足首の寒さ対策で必要なのは、もちろん靴下です。

ただし、レザーのブーツを履いた場合、ムレやすくなるので保温効果の高すぎるものよりは少し厚手のもので十分。

本格的な寒さ対策をお考えの場合はレッグウォーマーを履くのがオススメです。ブーツにインして履くとかっこいいですよ。

服装はバッチリになりましたね!それでも、外出の時間が長い場合は、寒さ対策グッズを用意しておきましょう!

寒さ対策グッズ

寒さ対策を服で万全だけど外出時間が長くなるので不安という方にオススメのグッズをご紹介します。

カイロ
定番ではありますが、貼る場所によって効果がかなり変わります。

貼る場所を間違えて体温が上がりすぎて頭痛を起こしたり体調不良になる場合があるので注意しましょう。

首の後ろ
長時間の外出の際に首の後ろに貼っておくと、温かさを強く感じられるのでオススメです。

頭痛がする時は逆効果になるのでやめましょう!

下腹部と腰
この2箇所に貼るともうポカポカです。

体の前後から温めてくれるので寒さを和らげたい時に貼ってみてください。

足首
くるぶしの上あたりに巻き付けるように貼ってみてください。

直接ではなく靴下の上に貼ると足湯みたいに全身をホカホカにしてくれますよ。

足の裏
どうしても足の指先は寒くなりがちです。

長時間の外出で靴にカイロを入れたい場合は靴に入れる専用のカイロがあるので、それを利用しましょう!

マフラー
マフラーやスヌードに貼っておくのも効果的です。

自分で温かくなる場所をコントロールできるので、とても便利です。

その他には耳の寒さ対策には、耳あてやヘッドフォンなんていう手もあります。

まとめ

今回は冬の寒さをしのぐ服に関してご紹介しました。

冬ならではのイベントもたくさんありますね。

クリスマス、大晦日、初詣など寒さ対策を怠って風邪をひいたり、体調を崩してはもったいないですからね!



-寒さ対策
-, , ,

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.