寒さ対策

子供は乾燥肌になりやすい 寒さ対策の思わぬ落とし穴と対策

投稿日:2016年11月20日 更新日:

寒さ

(この記事は2016年11月20日に更新しています)

この記事は
「子供の乾燥肌の原因を知りたい」
「子供の乾燥肌が気になるので、対策を考えている」
「乾燥肌の子供にどんな服を着せるべきか迷っている」
そんな方にオススメです。

お子さんの乾燥肌、気になりますよね。うちの娘も乾燥肌で夜中に寝ている間もポリポリ引っ掻いてしまいます。

軽めのアトピーなので、ある程度は仕方ないのですが、ただれてしまうほど掻いてしまうこともあり心配な時期もありました。

ある程度、乾燥肌になる原因と対策ができれば、肌質は改善できます!


  

子供は乾燥肌になりやすい!

子供の皮膚は薄く、水分も大人より多く含んでいます。さらに皮脂の分泌も少ないため、とっても肌が弱いんですね。

サラサラで潤っている赤ちゃんの肌ですが、裏を返せばとても無防備な敏感肌!

先天的な要因として、アトピーもあります。
うちの娘は軽めのアトピーです。冬場で乾燥していたり、夏でもエアコンをかけていたりすると体じゅうをポリポリ掻いてしまうんです。

寝ながら無意識で掻いてしまうので、朝起きると掻いたところが痛い、汗疹がひどくなりがちでした。

乾燥肌の子供のインナー

寒さをしのぐあたたか系インナーは冬の代名詞的な存在になりましたね!

僕はだいぶお世話になっていますが、実は暖かくなる理由と素材を知っておかないと乾燥肌になったり、痒くなってしまう人もいるんです。

あたたか系インナーが暖かくなるのは吸湿発熱する繊維を使っているからです。つまり、汗などの水分を吸うと発熱する仕組みです。

インナーとしては肌に触れる部分で汗を吸収して発熱して体を暖かくしてくれるので、直接暖かくなるのを感じることができるので、とても効率が良いですね。

ですが、発熱系の化学繊維は時として乾燥肌の原因になることもあります。
さらに、アトピーや子供の肌、敏感肌にとっては大敵になることも。

子供用のあたたか系インナーも販売されているので、もしお子さんに着せていて、
「なんだか着ると痒くなる」
「乾燥肌がひどくなっている」
という場合は乾燥肌がひどくなっている可能性もあるので、インナーの素材を見直す必要があります。


では、どんなインナーを選べばいいのでしょうか?

綿素材のものを選びましょう!綿は吸水性、保湿性に優れているので、乾燥肌にはピッタリです。

同様にシルク素材のインナーも効果があると言われています。若干、価格は高くなりますが、吸水性、保湿性ともに綿よりも高いので、乾燥肌がひどい場合に着せてあげましょう!

どうしても、寒い時は綿やシルクの上にあたたか系インナーを着るのも一つの手です。若干効果は薄れますが、乾燥を防ぎつつ十分暖かくなりますよ!

子供の乾燥肌対策

子供の乾燥肌はとにかくこまめな保湿が重要です。

天然の素材100%で作られたワセリンはとても人気があります。
首、肘、膝、足首などには多めに塗ってあげましょう。

うちの娘は肘と膝の裏を掻いてしまうので、ワセリンを塗ってガーゼを巻くようにしました。夏場は暑いので、網目の粗いものを巻いて掻くのを防ぎました。

もう一つ注意したいのが、お風呂の入り方です。

子供の肌は弱いので洗いすぎてしまうと必要以上に皮脂が失われ、乾燥肌がひどくなりがち。
そこで、お湯だけで流したり、弱酸性の石鹸を使うようにしました。

一般的なシャンプーを使っていた時は、洗い流す際に背中に付くので背中もブツブツができてしまっていました。シャンプーも低刺激なものに変えてからはカサカサしたり、ブツブツが減ってきています。

あとは、寒くなると長風呂をしがちですが、これも体の水分を奪ってしまうので気を付けましょう!

お風呂から出たら保湿クリームを塗って綿の下着を着せてあげます。これで、夜中に体を掻くことはだいぶ減りました。

あとは、爪切りをしっかりしてあげることで、最悪引っ掻いても肌のダメージを最低限に抑えることができますね。

まとめ

子供の肌はデリケートで乾燥肌になりやすいんです。あまり引っ掻いてしまうようなら、一度皮膚科で診察を受けるといいですね。

うちの娘もアトピーということがわかったので、いろんな対策を打つことができました。

最近は暖かいインナーが増えていて、人気もあります。
僕も愛用していますが、子供に着せる場合は少し注意が必要ですね。



-寒さ対策

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.