成人式

成人式の着物をレンタルか購入かママのをリメイク?悩めるあなたへ

投稿日:2016年11月3日 更新日:

ついに我が娘も成人式を迎える日がやってきた!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

成人式の着物はレンタルにするか、購入するか、ママの振袖をリメイクするか、など迷いますよね。

振袖って、未婚女性の第一礼装ですので悩むのも当然です。

それぞれ、メリット・デメリットがあるので予算も含めて考えてみましょう!


  

成人式の着物の予算は?

成人式の振袖は昔は購入するが一般的でした。100万円が相場という時代もあったんですね。

現在は、振袖自体も様々な価格帯のものが売っていますし、レンタルもできます。

もし、お母さんの着物がリメイクできる!という場合は親子で同じ着物が着れるので、感慨深いものがありますね。

成人式の振袖は着物一式を購入する場合、相場は32万円~40万円になっています。

予算を50万までにしている方も多いようです。

中には、やはり100万円やそれ以上のものを購入される方もいます!

振袖を購入するメリットとしては、いつでも着れる、思い出として残せるというのが大きいですね。

ですが、もう少し予算を抑えたいという方はレンタルかリメイクという方法もあります。

成人式の着物はレンタル、リメイク

成人式の振袖をレンタルする方も増えていますね。ネットで届けてくれるところもあります。

レンタルの相場としては、5万円から20万円ぐらいまであります。もちろん、高額なものはいくらでも。

成人式のある1月は振袖のレンタル料金が高くなり、借りたい着物が誰かに予約済みで借りられないということもありますね。

ですので、着物屋さんに早めにレンタルの申し込みをしておいた方が良さそうでしょう。

webでレンタルする場合は、格安なものが多いですね。3万円ぐらいからレンタルできます。

実際に着てレンタルする場合は少し割高になり、5万円〜が多いです。


レンタルのデメリットとしては、やはりある程度決まったサイズになるので娘さんにピッタリと言うのは難しいかもしれませんね。

その他にリメイクという方法があります。

これは、娘さんのサイズに合わせて少しリメイクすれば、親子で同じ着物を共有できますね。

思い出にもなりますし、コストも安く済みます。

リメイクのデメリットとしは、ママが着ていた着物があるのが前提なのと若干流行とはズレてしまうかもしれません。あとは、小物を準備する必要もあるでしょう。

振袖が着れる行事って

振袖は結局、どういう基準で購入かレンタルを選んだらいいのでしょうか?

大きな決め手の一つになるのが、着る頻度ですね!

振袖は成人式以外にも着る機会は意外とたくさんあるんです。

例えば、卒業式、結婚式、初詣、お見合い、ご結納、披露宴でのお色直しなどなど。

晴れ着、ハレ着というくらい特別な日に着る振袖は年間を通して何回かありそうですね。

レンタルで済ませるも手ですが、購入した場合の方が後々お得という考え方もあります。

例えば、一回のレンタルが10万円だった場合、成人式、卒業式、初詣で着るとすると1年で30万円になります。
30万円の振袖を購入した場合はその金額と着付け代で結婚式まで使うことができます。

購入するかレンタルするかは使用頻度を考えて決めてみてください。

まとめ

振袖は未婚女性の第一礼装です。親としても気合が入りますよね!

振袖を購入して思い出として残したいという方も多く、レンタルしても結局購入する方もいるようです。
これだと高くついてしまうのでご注意ください。

個人的は振袖を購入して、しまっておくのは勿体ないので、結婚したらリメイクして着られることもあり、晴れ着として年間行事に着せてあげられればベストかなと考えています。

何より、娘さんも満足できる着物選びができるように祈っております。



-成人式
-,

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.