大掃除

部屋の片付けができない 簡単に掃除のクセをつけよう

投稿日:2016年10月25日 更新日:

あなたは部屋の片付けは得意ですか?

部屋の片付けが全然できない人っていますよね!正直、僕もその一人でした。

実は片付けができない病気もあったりします。あまり、自分を責めずにできることから始めましょう!


  

部屋の片付けができない

部屋の片付けができない、苦手という方が意外と多いんです。

実はそう言った病気の可能性もあります。ADHDという注意欠陥多動性障害という脳の機能障害です。

次に当てはまる方は要注意です。

・注意力が散漫で遅刻や忘れ物が多い
・座っている時にじっとしていられない、常におしゃべりしている
・人の話を聞いていられない、割り込んでしまう
などです。
割と身近にもいそうなタイプですが、あなたは上記に当てはまりますか?

もし、全部当てはまるという方で部屋が足の踏み場もない!という方は一度病院に行ってみてもいいかもしれません。

病気ではないけど、部屋の片付けができないという方もまた多くいるんです。

僕もその一人でした。クリエイティブば人は片付けができないらしいよーなんて言い訳してましたが、ある程度コツさえ掴めば片付けはできるようになりますよ!

部屋の片付けは捨てることから

まず、僕がしたのは徹底的に捨てる!事です。

今までは、どうしても捨てる事に抵抗があって、これは使うかもしれない、来年には必要になるとか勝手に思い込んでしまっていたんです。

実際は1年経っても使う事がないものがほとんどでした!

そこで、
徹底的に捨てる!
事を思い切ってやってみました。

と言っても手当たり次第捨てて明日着る服がないwとかだと困ってしまうので、オススメの捨て方をご紹介しますね!

まずは、
1年経って使わなかったものは捨てる!

これは、春夏秋冬という季節の中で過去1年出番がなかったものは来年も使うことはないだろうと考え方を変えたら、簡単に捨てることができるようになりました。

実際、その年に使わなかったら来年も使わないんですよね。これで服はかなり減りました。


さらに、服の話題ですが、
各季節で1週間のコーディネートを揃えてみる!
です。春夏秋冬でそれぞれ1週間のコーディネートを考えてみました。

そのコーディネートから外れた服は基本、着ないことが多いことに気がつきました。

海外でもこの考え方はあるようですね。実践したところさらに服は減りました。

あとは、いらない本を捨てたりしました。

これも専門書や雑誌など3回以上読んだものは保管して、2度読んでいないものは捨てたり売るようになりました。おかげで新しい本が買えるようになりました。
本棚もだいぶスッキリしました。

趣味関連で使っていないものも捨てました。

僕は多趣味なので、部屋がモノで溢れかえっていました。
ただ、実際に使うものは限られていて本当に気に入っているもの以外はコレクションになっていました。これもどんどん売りに出すことで資金を貯めて良いものを一つだけ買うようになりました。

捨てるだけで部屋がとてもスッキリするので、オススメです!

部屋の片付けは一気にしない

部屋の片付けって面倒ですよね。。。

モノをたくさん捨てても片付けの作業が待っていますね。

コツとしては、
全部一気にやろうとしない事
がとても重要です。

どうしても、さあ片すぞ!という気持ちになると全部片付けなきゃと思ってしまいますよね。

これが落とし穴で、途中でモチベーションが保てなくなってくるんですよね。

ですので、今日は机の上だけとか、本棚だけとか、小さな場所からじわじわ始めるといつの間にか部屋全体がキレイにする事ができます。

常にこの細かい片付けを意識するようになったので、大掃除の時に一気に全部やる必要がなくなり、年末は比較的ラクになりましたよ。

まとめ

部屋の片付けができない!という方は是非実践してみてください。

ちゃんと片して!と言われてしまう方は、きちんと捨てる、少しづつ片付けるという宣言をしてから始めるといいかと思います。

部屋を片付けると気持ちもラクになりますし、掃除も簡単です。

とにかくまず、捨てることから始めましょう!



-大掃除
-,

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.