大掃除

大掃除はどこから始めるか 順番を決めて効率的に

投稿日:2016年10月19日 更新日:

大掃除はどこから順番に手をつけたらいいのでしょうか?

掃除を普段しない方は途方に暮れますよね。

別の記事で大掃除の意味と期間をご紹介しましたが、今回は効率的な進め方について考えてみましょう!

順番を決めずに始めてしまうと2度手間が結構発生しますので、掃除が得意な方もそうでない方も覚えてしまいましょう!


  

大掃除はどこから始めたらいいか?

大掃除はどこから始めるかの前に、不用品を捨てましょう!

余計なものがあると大掃除は全く捗りません。ホコリを被ったものは先に捨てないと、終わった後にまた掃除する羽目になりかねませんよね。

回収業者が年末お休みで捨てられないなんてこともありますので、大きめな粗大ゴミは年末ギリギリではなく、計画的に捨てておきましょう!

余計なものを捨てるだけでも、かなり部屋がスッキリするはずです。

ですが、捨てるか迷うものって結構ありますよね。その場合はある程度箱にまとめて収納にまとめておきましょう!

1年間使わなかったものは来年も使わないと見越して、思い切って捨てるなどルール化しておくと迷わずに捨てるものが決められるかもしれません。

さて、余計なものを捨てたら、いよいよ大掃除のスタートです!

大掃除の順番は上から下へ

大掃除は上から下に向かって行いましょう!

上から下というのは、天井から床へ向かってということです。

上からホコリを落として行きましょう。先に床掃除をしてしまうと、天井のホコリが落ちてきて、また床掃除、なんてことがないようにしましょう!

大掃除の順番としては、下記の順で進めてみてください。

天井
意外とホコリが溜まる場所です。柄の長いモップやほうきでホコリを落とします。

寝室などの場合はベッドにホコリが落ちても平気なように新聞紙などひいてから始めましょう!

照明器具
照明器具はホコリの宝庫ですね。感電、火傷をしないように、取り外しのできるものはなるべく取り外して説明書を読みながら掃除をしましょう。

照明器具は全く掃除をしないと部屋の明るさが20%も落ちると言われています。

エアコン
エアコンの中の掃除はなかなかクセものなので、別の記事にまとめました。

エアコンの周りにもホコリが付きやすいので、モップなどホコリが取れやすいものを使ってきれいしましょう。

カーテン
カーテンはあまり洗濯しないかもしれませんね。

大掃除の時に忘れてしまうこともあるので、大掃除の計画の中に含めておきましょう!洗濯できればベストですね。

窓ガラス・窓枠
窓もマンションなどで大きなガラスだとなかなか掃除が難しくなります。

窓枠には様々な汚れがびっしりです。屋外から運ばれてくる砂や黄砂、室内の台所から油を含んだ空気やホコリ、カビなどいろいろなものが汚れの原因になっています。


窓ガラスは新聞紙や雑巾、専用のスクイジーというものを買ってもいいでしょう。窓枠は掃除機でゴミを吸い取ってからほうきなどで掃き、仕上げにペーパータオル、歯ブラシなどで細かい汚れを落とします。

食器棚や本棚など
次に高さがあるものは家庭によって違ってくることが多いですね。

ホコリが溜まりやすい平面を含む棚などの掃除をしてホコリを落としましょう。
棚に乗っている家電機器もお忘れなく!

廊下や床
ここまでくるとホコリがだいぶ下に落ちましたね。最後に廊下や床をピカピカにすれば2度手間なく大掃除ができると思います。

では、掃除する部屋の順番を考えてみましょう!

大掃除の順番は奥から入口へ

大掃除は奥から入り口へ向けて行います。

水周りを先に済ませてから、奥から玄関に向かって掃除をします!

水周り
トイレやお風呂などの水周りは汚れが飛びやすいので、最初に済ませておきましょう!

キッチン
キッチンは換気扇やガスコンロ、シンク、壁など頑固な汚れが多い場所です。

キッチンだけでかなり時間を使います。
外せるものは外して洗剤につけ込む、油汚れはマイクロファイバーのタオルなどで拭き取るのが基本ですね。

寝室
寝室の家具は普段あまり動かさないのではないでしょうか?ベッドなど固定しているものはなるべく動かしてホコリを取るようにしましょう。

寝室のホコリは様々な体調不良の原因になるので大掃除でキレイにしてしまいましょう!

子供部屋・書斎など
子供部屋、書斎も上から下の順番で掃除を行えば、途方にくれることはないでしょう。

リビング・居間
だいぶホコリが追い出せていると思います。上から下の順番で掃除を行いましょう!

廊下
各部屋から出たホコリを外に追い出すイメージで玄関に向けて掃除しましょう!

ピカピカな廊下にするために大掃除ではワックスをかける家庭が多いですね。

玄関
靴箱や玄関のドアなどもキレイにしましょう!
玄関はタイルなどの場合は水で流したいところですね。

メラミン樹脂のスポンジを使うと簡単に汚れが取れます。

ドアも重曹を使ったもので拭くとムラが出来にくく、汚れを簡単に落とすことができます。

この順番で奥から入り口に向かって、ホコリを追い出す感じで大掃除をしてみましょう!

まとめ

いかがでしたか?
大掃除って年に一度なので、とりあえずキレイにしようという気持ちで始める方が多いようですね。

ですが、計画的にしておかないとなかなかスムーズには進みません。

大掃除は、上から下へ、奥から入り口へ、という2つのルールを守れば2度手間が発生しにくくなります。

今年の大掃除は計画を立てて効率的に済ませて、素敵なお正月を迎えましょう!



-大掃除
-, ,

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.