転職

50代で資格なしでも需要のある仕事とは?人手不足で中高年の売り手市場の働き口とは

投稿日:

50代無資格転職

50代で資格がないまま迎える転職はなかなか難しいと考える人がほとんどです。

ですが、50代の中高年が売り手市場になっている職業があるんです。

もちろん、資格なしでも大丈夫です。収入アップを狙うのであれば資格取得を支援してくれるサービスもありますので是非利用してみましょう!


  

50代で資格なしで需要の高まっている仕事って?

50代の方でも需要が高まっているのが、ズバリ介護職です。

日本の高年齢化に伴い、介護を必要とする老人が急増していますが、介護する側の人材不足が深刻な状況です。

日本政府も海外から外国人労働者が日本に滞在する滞留資格に介護を追加するなど、その人手不足の深刻さが伺るでしょう。

そんな中、50代で無資格であっても即戦力となるのが言葉が通じ、文化に慣れ親しんでいる日本人なんです。

体力的にキツイ仕事という印象はありますが、50代で介護職についている人の割合はとても高いんですね。

ご自身でご両親の介護をした経験がある方も資格は持っていなかったりしますよね。

介護職はキツイ印象もあり、なかなか続かない方も多いのが事実です。

そのため、国から補助金などの形で賃金を上げる動きも活発になってきています。

介護の仕事は要介護者や働く施設の方との人間関係が重要になってきます。

無資格でも人手不足の現場では猫の手も借りたい状況なので、最低限の常識とマナーがあれば就職するのは容易かと思われます。

50代で無資格でも人柄がよく、明るい性格というだけで重宝されることも少なくないようです。

50代の中高年の転職は介護職は意外と高収入

派遣の介護職だと時給にして2,000円弱の高額な仕事が増えてきています。

介護の賃金はどんどん上がってきています。

今後も人手不足解消のため、様々な賃金アップの施策を打ってくるはずです。

その流れに乗るためにも介護に興味があるのでしたら、早めの応募をおすすめします。

介護職は賃金が上がりますが、もっと収入を上げるために資格を取得するという選択肢もあります。

介護にはケアマネージャー、介護福祉士、ホームヘルパーなど様々な資格が存在しています。


資格を取得すればその分収入も上がってきますので、在職中に資格取得支援をしてくれるような転職サービスを利用するのが一番の近道といえます。

転續サービスを利用すると介護施設との仲介はもちろん、どんな風に面接をしたらいいか、どんな雰囲気の施設なのか、などの内部情報を知ることができます。

介護に関して知識が浅くても転續サービスのアドバイザーと相談すれば手厚くフォローしてくれます。

不安なことや働くにあたっての希望があれば遠慮なく相談することをおすすめします。

50代で資格なしでも介護の仕事を紹介してくれるサービス

介護の転職支援サービスはたくさんありますが、その中でも人気があるのがカイゴジョブというサービスです。

こちらはエスムエスという人材紹介会社が運営しているサービスで介護や福祉の求人情報や転職支援に特化したサービスです。

月間40万人が利用している業界No1の求人サイトで求人数も日々増えています。

もちろん、無資格、未経験でも転職サポートを受けられますので、安心して介護職につける可能性が高いです。

もし、あなたが介護の仕事に興味があるのでしたら、カイゴジョブに応募してみるのをおすすめします。

きっとあなたの希望に近い職場が見つかるはずです。

≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ

50代で資格なしで需要の高い介護職のまとめ

いかがでしたでしょうか?

介護の仕事は50代でも情熱と人柄が良ければ、やりがいのある仕事になります。

年齢を気にして妥協した仕事をするより、注目の介護の仕事で活躍してみるのも素晴らしい経験になると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。



-転職

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.