お盆

お盆は実家に帰りたくない?夫婦でそれぞれの実家に帰省したくない理由とは

投稿日:

お盆

お盆の時期になると、お互いの実家に帰るか帰らないか揉める夫婦が結構多いんです。

仮に向こうの実家に帰りたくないと思っても中々言葉にできないことが多いのも事実。

夫と妻でそれぞれの実家に帰りたくない理由が違うんです。

お互いに帰りたくないわけを事前に知っておけば実際に帰省した際にフォローし合うこともできますよね。


お盆は実家に帰るか帰らないか?

お盆は大型連休で、実家に帰ってお墓参りをするのが昔ながらの習慣です。

さらに子供がいれば祖父母に合わせたいという思いもあったりしますよね。

ですが、最近は旅行に行ったり、家で過ごしたり、近所で遊んだりして過ごす家庭も多く必ずしも帰省するとは限らないんですよね。

ですので、仕事で帰れないという人を除けば、実家に帰るか帰らないかは家庭内、夫婦間で揉める原因になりやすいんです。

一体どんな理由でお互いの実家に帰りたくないのでしょうか?

お盆に夫の実家に帰りたくない妻の理由

まずは夫の実家に帰りたくないという妻の理由です。

姑が嫌味ばかり言って意地悪

さすがに年に数回しか帰省しないとはいえ、イヤミを言われるのがわかっていながら帰省するのは辛いです。

お土産も気を使いまくって選んだとしても文句を言われてしまったり。

ここは旦那さんの実家である以上、旦那さんが妻をフォローしてあげるしかありません。

旦那さんは事前に妻がお母さんの嫌味を気にしていないか確認してあげましょう。

もし、嫌味がイヤなら実家で外出する時間を作って、妻と義母が接触する時間を少し減らせば関係良好のままお盆の時間を過ごせるかもしれません。

あらゆることに気を遣う

義母の評価を気にするあまり、すべてのことに気を遣ってしまい、緊張の連続ということもあります。

帰省する期間は短くても一日中緊張していると疲れてしまいますよね。

なるべく妻が少しでも気を休める時間を作れるように旦那さんはフォローしてあげましょう。

やはり外出などで気を紛らわすのが効果的です。

家事などいろいろ働かされる

実家に帰って義母を手伝うのが当たり前になっている場合は、普段の家事以上の仕事を任されることもあります。


祖父母の年齢や体調にもよりますが、労わる気持ちで家事を手伝ってあげるなら問題はないのですが、あれやれこれやれとコキ使われるのが嫌だという奥さんもいます。

ここもある程度は旦那さんが手伝ってあげると丸く治まるパターンが多いですね。

親戚の集まりが苦手

お盆の時期に親戚が集まる家庭も多いのではないでしょうか?

みんなで集まってお酒を飲みながら宴会をしていると、聞かれたくないことも大勢の前で話さなくてはならない場面も出てきます。

親戚でクセのある人が事前に分かっている場合は、夫を挟んで少し距離を置くようにしましょう。

お盆に妻の実家に帰りたくない夫の理由

続いて、妻の実家に帰りたくないという夫の理由です。

義父が苦手

妻と反対のパターンで義父が苦手という旦那さんも多いようです。

仕事や健康、趣味の話で盛り上がれば良いのですが、お義父さんに仕事や価値観に対して説教されてしまうという人もいるようです。

ここは是非、奥さんに間に入って話を柔らかくしてもらいたいところですね。

田舎すぎてヒマ

夫婦共に田舎だとヒマと感じてしまう方も多いですが、特に旦那さんは家事をすることが少なくヒマを持て余してしまうケースもあります。

そんな時は奥さんが育った環境を見て回ったりするのも楽しいかもしれません。

通学路や遊び場など夫婦で散歩してみてはいかがでしょうか?

こちらも親戚の集まりが苦手

奥さんと同様、夫も親戚の集まりが苦手な人が多いようです。

仕事で疲れているところで、仕事の話をメインですることになるのでリラックスはできませんよね。

親戚との関係性にもよりますが、お酒を飲んでも失態を晒すわけにはいきません。

奥さんが程よく間に入ってあげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お盆に帰るか帰らないかは夫婦間で揉めることが多いようですが、事前に何が嫌で帰りたくないかを話し合ってみてはいかがですか?

もちろん、言い出しにくいこともあるかと思います。

気持ちよく帰省するためにいつも以上にフォローする気持ちを大切に相手の行動を観察しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。



-お盆

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.