体験記

メルカリレビュー!値下げ、専用やいいねの数、評価、キャンセルなど100件以上取引して思ったこと

投稿日:

メルカリ

今をときめくメルカリ。皆さんは利用してますか?

僕は売ったり、買ったりと5:5ぐらいの比率で利用しているのですが、今回、取引総数が100件を超えたので、レビューを書いてみようと思います。

値下げ交渉やキャンセルなど実に様々な人が利用しているので、注意点をまとめておきます。


メルカリレビュー!値下げはもはや基本と考えたほうがいい

メルカリは個人間でとにかく簡単に出品や購入ができます。

初期はアプリのみでしか利用できませんでしたが、今ではPCでも利用できますね。

他のオークション系も利用するのですが、出品から発送、購入から受け取りまでがすべて直感的にできるのでとっても便利です。

特に出品する際にはバーコードを発行して運送業者に持って行ったりすれば住所を相手に知られることなく、伝票を書く手間もなく簡単に発送が出来てしまいます。

そんな便利なサービスですが、出品側として悩むのが値下げ交渉ではないでしょうか?

いくらプロフィールや商品説明に値下げ不可と書いたところで値下げ交渉する人はいるんですよね。

僕はもう値下げはメルカリの代名詞だ!ぐらいに考えるようにしています。

中には、出品している商品を平気で半額以下になりませんか?という人もいます。

ここで、結構冷たいやりとりをしてる方も見かけます。

「半額で送料込みになりませんか?」という質問に対して、

「無理」とか「プロフィール読め」みたいな返答をしてる人もいます。無視する人もいますね。

もちろん、大幅で理不尽な値下げ交渉をしてくる人も問題ですが、その返答も問題です。

その商品にいいねがついていた場合はコメントのやりとりがあると通知でいいねしたメンバーに知らされます。

せっかく購入を考えていた人も出品者の人格がマイナスに見えてしまうと売れるものも売れなくなってしまうことがありますよね。

僕は出品者側は買ってもらうということを理解した発言をすべきだと考えています。

ですので、「そこまでのお値引きは出来ません」「もう少し様子を見させてください」と言った大人の対応ができる出品者だと好感が持てるので、少し高くても買おうかな〜という気分になることもありました。

出品者と購入者が気軽にチャットできるので、逆に気を使うべきところだと考えています。

手数料が商品の10%という高めに設定されていることもあり、値下げを考慮して少し高めに出品する人が多いのも仕方ないかなと考えています。

お互いに気持ちの良い取引ができるように大幅な値下げよりも気持ち安くするぐらいがちょうど良さそうな感想です。

メルカリの独自ルールの専用とか取り置きとか

メルカリを利用していると誰々様専用っていうのを見かけると思います。

商品に対して、購入の意思表示した人や値下げ交渉をした人、取り置きをお願いした人のために専用というタイトルにしたり、新しく枠を作ったりして取引するパターンですね。

これは完全に誰かが始めた独自ルールなので、守る必要はありません。

ですが、値下げ交渉をしてこの人と取引をしようと決めた出品者にとっても横入りして突然やりとりのない人に買われるのはいい気がしないのも確かです。

もちろん、専用というルールがメルカリで決められているものではないので、無視はできますが、そこは暗黙の了解ということで交渉をしてない人は関わらない方がいいでしょう。

問題は値下げして購入予定者様に専用を作ったのに放置されることです。

値下げした側も嫌々値下げを了承して、わざわざ専用を作ったのに売れないとイライラしますよね。

そんなことを避けるためにも僕は基本的に専用を作ったりしません。購入する際も専用を作ってもらうことはありません。


気持ちの良い取引をするためには専用や取り置きは避けたほうが無難だと思いました。

メルカリでいいね数が多くても売れない

いいねをしておくと自分のいいね一覧に表示されるので、お気に入り的に随時チェックすることもできますが、メルカリで出品していいね数が20以上ついて浮かれていても売れないことがあります。

それは値段が原因なことがほとんどですが、実物の画像を載せてないことが問題なことも多いですね。

例えば服で人気のブランドのものを出品していたとしても、モデルさんが着ている画像のみで実物の状態がわかるものを載せてない。

そんな商品はいいね数は多いものの売れない傾向にあるようです。

だいたい20個以上いいねがつくと値段交渉が始まるパターンが多いですが、稀にいいね数だけ増え続けている残念な出品も見かけます。

なかなか売れないと嘆いている人は実物の画像を載せましょう!

それと加工しまくって商品の状態をごまかすのはやめてくださいね。

メルカリでキャンセルしたい時はどうする?

メルカリで何かを購入して実物が思っていたものと全く違ったり、状態が記載されているものと違った場合もありました。

新品未使用と書いてあった服に穴が空いていたとか、ダメージがひどいとか。

結構モラルに欠けた出品者も多いので注意が必要です。

そんな商品を受け取ってしまったら、受け取り評価を絶対にしてはいけません!

評価した時点で悪い評価をつけても取引完了になってしまいます。

キャンセルをしたい場合は事務局に連絡するのが一番効果的です。

発送期間を超過するとキャンセルボタンが出るので、そこから事務局に知らせてキャンセルすることができます。

時間にして7~10日間ほどキャンセル処理にかかると見ておく必要があります。

商品を一度受け取った場合は、キャンセルの旨を出品者に伝えて着払いで送り返しましょう。

この着払いに応じない出品者だった場合はまた事務局に連絡を取ってみましょう。

キャンセル処理が終わると評価などは無く、何事もなかったかのように元に戻ります。

この期間って結構長く感じるので、購入した側からすると苦痛ですね。

メルカリで信用できそうな人を見分ける

メルカリは個人間でのやりとりなので、信用できそうかどうかを見分ける必要があります。

見分ける一つの基準としては、出品者の名前をタップ、クリックして評価を見てみましょう!

良い、普通、悪いと3つの評価がありますが、良い以外は悪い評価です。

良い以外の評価が多い場合は、その評価内容を確認しましょう。

どんなに欲しい商品でも梱包がメチャクチャだったり、状態が悪かったら悲しいですよね。

キャンセルするにしても時間と手間がかかりますし。

一時、マナーの悪さが問題になりましたが、取引の間ずっと無言の人も中にはいます。

普通、ネットで買い物をするとお店の場合は確認や発送のメールを送って遅れますが、メルカリは通知だけで済んでしまうので不安になることも多いです。

ちゃんとした出品者がどうか見分けるにはまず、取引回数が少なくとも10回以上で普通の評価が2個以内の人を選ぶようにしています。

悪いが付いていた場合は論外ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いろいろと問題もありますが、メルカリはとても購入、出品、発送まで一貫してスムーズに設計されたとても便利なサービスです。

少し気をつければ、快適に欲しいものが手に入ったり、売ったりすることができます。

注意点を守って楽しいメルカリ生活を送ってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



-体験記

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.