寒さ対策

寒さ対策、室内の寒い場所とは?100均グッズで部屋を暖かくしよう

投稿日:2016年10月11日 更新日:

寒さ対策 窓

急に寒くなってきましたね。寒さ対策は万全ですか?

ファッションの寒さ対策の記事を書きましたが、室内の寒さ対策も忘れてはなりません。

寒くなると、エアコンや電気ストーブ、ヒーターなどをついつい使ってしまい電気代がかさむ。なんて方も多いと思います。

そこで、今回は室内の寒さを根本から和らげる方法をご紹介します。


  

寒さ対策、室内が寒くなる原因は?

寒さ対策 窓

真っ先に寒さ対策すべき場所は外気と接触する窓ですね!

なんと部屋の暖かい空気の50%近くが窓やドアから逃げてしまっています。

「なんだか部屋の中が寒くて。。。」という方は、窓からの冷気がシャットアウトできていない可能性が高いです。

窓からの冷気を抑えなければエアコンやヒーターなどの電気代だけがかさんで全然暖かくならないなんてことになりかねません。

では、窓の寒さ対策を考えてみましょう!

室内の寒さ対策は窓から

窓に対策がバッチリできていると暖房の効果も実感しやすく、快適に過ごすことができます。

窓の寒さ対策としては、
・2重窓にする
・断熱シートを貼る
・カーテンの張り方を変える
などの代表的な方法があります。

2重窓にする

この方法は北海道や東北地方の寒い地方では当然のように取り入れられていますが、難点としてはお金がかかるというところですね。

2重の窓の空間に空気の層ができるため、外からの冷気が入りにくく、中の暖かい空気が出にくいという仕組みになっています。

最近は防音などの効果もあるので、マンションなどで2重窓が流行っています。


寒い地方だけではなく、家を建てる際に初めから2重窓にする方も増えていますね。

断熱シートを貼る

窓の寒さ対策で安価で効果を実感できるのが、この断熱シートです。

断熱シートは比較的安く手に入ります。近所のホームセンターなどで寒さ対策グッズとして売っているところもあります。

断熱シートは窓の大きさにもよりますが、500円〜3000円ぐらいで購入することができます。
おまけのメリットとしては結露が付きにくくなります。

難点としては、貼るのが若干面倒wというのと、少しガラスが曇ったようになることですね。

寒さ対策に2重窓を考えている方は、まずお試しで断熱シートを貼ってみてもいいかもしれません。

カーテンの張り方を変える

室内の寒さ対策で有効なのがカーテンの張り方です。

レースのカーテンと部屋用カーテンの2枚を使用している場合、部屋側のカーテンの端だけをレースのカーテンレールを包むように巻いてみてください。

これはカーテンリターンという方法でカーテンの横からの隙間風を減らすことができます。

あと、もし長めのカーテンをお持ちなら、床に着くように長さを調節すると裾からの風も防ぐことができます。

とにかく、お金をかけずに部屋の寒さ対策をしたいという方は100均を覗いてみましょう!

部屋の寒さ対策は100均グッズで!

部屋の寒さ対策グッズは100均でも手に入ります。

アルミの断熱シートが売っていますので、それをカーペットの下に敷くだけでかなりの寒さ対策になります。

窓に関しても、梱包用のプチプチが売っているので、プチプチの面を窓につけるように貼ることで空気の隙間を作ることができます。

隙間テープもエアコンの配管などの隙間などからの風が気になる場合に有効です。

まとめ

寒さ対策は万全にして部屋の中を快適に保ちたいですね。

ちょっとした工夫で体感温度がガラッと変わるので、窓の対策をあまりしていない方は是非お試しください。

我が家では耐熱シートを貼ることでエアコンをつける時間がかなり減りました。

なるべくお金をかけず、お財布が寒くならないように気をつけましょうw



-寒さ対策
-, ,

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.