梅雨

梅雨からバッグを守るにはレインバッグ・カバーで!普段はエコバッグとしても使えちゃう便利アイテム

投稿日:

雨の日

いくら雨が降ってもお洒落なバッグやお気に入りのバッグは持ち歩きたいですよね。

仕事や用事で「このバッグを持っていかなきゃ!」というシーンもあると思います。

そんな時に役に立つレインバッグカバーやレインバッグです。

梅雨の季節にお洒落なバッグが濡れてしまうのは避けたいですね。



梅雨でもお気に入りのバッグを持ち歩きたい!

梅雨の時期になるとレインコートやレインブーツ、傘などで雨をしのぐのに、大切なバッグが無防備でびしょ濡れ。

そんな経験はありませんか?

仕事や出先によって変なバッグを持っていけないなんて事もありますよね。

雨のせいでバッグがびしょ濡れだと格好がつかないですし、何より大切なバッグが痛んでしまうのもショックです。

特に革製のバッグだと雨に濡れてカビが生えてしまうこともあります。

お気に入りのバッグに直接防水スプレーをかけたくないし、変なビニール袋に入れて持ち歩きたくないし、、、

そんな時に大活躍してくれるアイテムがレインカバーやレインバッグです。

大切なバッグを雨から守りつつ、痛むのを防いでくれるので使っている方も増えています!

何より価格も安く、お洒落なものも増えているので持っていると梅雨に限らず重宝するはずです。

梅雨にバッグを守るのに有効なレインバッグ・カバーで対策

レインバッグカバーはトートバッグの形が多いのですが、その他にも小さな小物を入れる小さめのポーチ型のものや、大きなボストンバッグ型、さらにリュック・バックパック型など様々なものが販売されています。

最近はその種類も増えて検索するとお洒落なバッグがたくさん出てきます。

まるで雨の日用とは思えないぐらいお洒落なものも増えてきています。

女性用だけではなく男性用のメンズ・レインバッグもかっこいいのがたくさんあってビックリしました。

そのレインバッグの中でも一番人気があるのはトートバッグやショルダーバッグ型です。

トートバッグやショルダーバッグ型で少し大きめのものを選べば大抵のバッグを収納できますし、手には傘を持つのでなるべく手は空けておきたいですしね。

変にお気に入りのバッグにピッタリのものを選んでしまうと他の持ち物が入らなかったりするので、少し大き目を選ぶのがポイントです。

止水ファスナーが付いているものならいろんな角度からの雨から守ってくれるので安心。

レインバッグ自体が大きくてもクルクルっと丸めればコンパクトにメインのバッグに収納できちゃいます。

カバーの内側にポケットが付いているものだと収納用の袋も必要ないのでさらに便利でおすすめですよ!

レインバッグはエコバッグとしても使える

雨の日に使えるのはもちろん、レインバッグはさらにエコバッグとしても使えます。

コンパクトに持ち運べるので、サブのバッグとして買い物に行く際にバッグに入れておくと便利ですね。

デザイン性も高いものが多く、エコバッグとしてだけではなく普段使いもしている人を多く見かけます。

「え?それレインバッグなの?」って驚かれるほどにお洒落な普通のバッグに見えるので誰も気づかないんですよね。

もはやあらゆるシーンで大活躍してくれること間違い無しなので一つは持っておきたいですね。

おすすめは傘の製造からスタートしたメーカーのkiu(キウ)さんのレインバッグです。

これはショルダーバッグタイプでポケット収納ができて、さらに止水ファスナーが付いています。

セカンドバッグとして使うには申し分ないです。

梅雨の時期になってしまうと売り切れてしまうのでお早めにどうぞ!

 

まとめ

雨の時期は傘やレインブーツは用意してもレインバッグってあまり用意しなかったりしますよね。

バッグって意外と濡れると臭いがついたりカビたりするので、とにかく濡らしたくないところです。

ぜひ、レインバッグで雨の日の外出を楽しんでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



-梅雨

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.