七夕

七夕飾りの笹の処理方法と願いを込めた短冊の捨て方とは?

投稿日:

七夕飾り

毎年、七夕の日を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

七夕という行事自体を楽しみにしている方もいれば、七夕ならではの七夕飾りを楽しみにしている方もいるかと思います。

ですが、笹の処理方法や願いを込めた短冊の捨て方で毎年頭を抱えている方も少なくないようです。


七夕飾りはいつからいつまで飾っておくの?

最近では自宅だけではなく、スーパーなどの店舗でも七夕飾りを設置しているものです。

早いところでは7月に入ってからずっと飾っているようなところもあるのですが、そもそも七夕飾りはいつからいつまで飾っておくものなのでしょうか。

一般的には7月6日の夕方から夜にかけて七夕飾りを始めるとされています。

せっかく飾り付けをしたものですが、残念ながら翌日の7月7日には片づけなければいけません。

スーパーなどでは関係なく長く飾っているものですが、7日中に後片付けをしないと願い事が叶わないと言われているのです

自宅で七夕飾りをするのであれば、7日中にはしっかりと片づけておくようにしたいものです。

6日の夕方から夜にかけて飾り付けをして、7日には片づけるというとやはりもったいないような気持ちになるかもしれません。

ですが、短期間の飾り付けだからこそ七夕飾りもより魅力的に感じられますし、飾り付けにも気合いが入るというものです。

七夕飾りの短冊に願い事を書く方も多いでしょうから、願い事を叶えるためにも7日中に片づけるようにしましょう。

短冊以外にも七夕飾りにはいろいろなものがありますが、どれも綺麗で魅力的なものです。

そういったものを刹那的に楽しむというのも七夕ならではのよさなのかもしれません。

七夕飾りの笹の処理方法は?

七夕飾りの中でももっとも大きいのが笹です。

気合いを入れて本物の立派な笹を用意した方であれば、七夕後の処分に困ってしまうでしょう。

実際のところ、七夕飾りの笹の処理方法はどうなっているのでしょうか。

処理方法は大きくわけて3つ挙げられます。

まずは自宅の庭で燃やす方法です。

自宅に庭があるという方であれば、最後に庭で笹を燃やしてしまいましょう。

燃えている笹というのは、なかなか幻想的なものです。

ただ、火事にならないように注意しておきましょう。

次に、笹を普通のゴミとして処分する方法です。

笹をゴミ袋に入るような大きさにカットして、普段出しているゴミと同じように処分するのです。


ただ、地域によっては分別方法が違うこともありますので、地域の分別に従って処分するようにしましょう。

また、笹をカットするときに怪我をしてしまう可能性もありますので、注意しておきましょう。

そして、3つ目の方法が神社でお焚き上げしてもらうというものです。

しかし、どこの神社でも七夕飾りの笹をお焚き上げしてくれるというわけではありませんので、事前に問い合わせをしておきましょう。

七夕にあたってお願い事をしているのであれば、神社でお焚き上げをしてもらうのが一番無難かもしれません。

近所の神社でお焚き上げをしてくれるか確認しておきましょう。

七夕飾りの願いを込めた短冊の捨て方は?

先では笹の処分方法をご紹介しましたが、願いを込めた短冊の捨て方はどうでしょうか。

願いを込めた短冊に関しても基本的には笹と同じです。

まず挙げられるのが、自分で燃やすという方法です。

笹のときのように庭は必要ありません。

願いを込めた短冊のみを空き缶などの中で燃やしてしまってもOKです。

これは言ってしまえば、自分でやるお焚き上げのようなものです。

きちんと気持ちを込めて燃やせば、願い事もしっかりと聞き届けられることでしょう。

次に、普通のゴミと一緒に捨てるという方法です。

短冊の場合には、そのままゴミ箱へぽいっとすることができます。

ただ、願いを込めているのであれば、白い和紙などに包んだ上で、捨てるようにしましょう。

家事などが怖くて自分でお焚き上げができないという場合には、このように丁寧に扱った上でゴミとして処分するというのもありなのです。

そして、願いを込めた短冊を神社でお焚き上げしてもらうということも可能です

これも笹のときと同じように対応してくれる神社とそうでない神社がありますので、事前に問い合わせをしておきましょう。

ちょっとした軽い願い事ではなく、心の底から叶えたい願いということであれば、これもやはり神社でのお焚き上げをする方向で考えたほうがいいかもしれません。

まとめ

七夕というと七夕飾りの準備ばかりを考えてしまうものです。

後になって「笹や短冊の処分はどうしたらいいんだろう」となってしまう方は少なくありません。

基本的には自宅で燃やすか、普通のゴミと一緒に出すか、神社でのお焚き上げという形になります。

後になって慌てないためにも、こういった処分方法をしっかりと理解した上で、七夕飾りを楽しんでいきたいものです。

最後までお読みいただき有難うございました。



-七夕

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.