インフルエンザ

インフルエンザの薬の種類と特徴 使うべきタイミングと効果とは

投稿日:2016年10月9日 更新日:

インフルエンザ薬

インフルエンザになってしまった場合、薬を処方されても飲むべきか迷いますよね。

僕の娘も4歳の時に感染してしまいました。

インフルエンザの予防接種については別の記事で書きましたが、感染してしまった場合、薬の種類と効果、飲み方について考えてみましょう。

お子様は安全に飲めるのか?についても検証してみます。


インフルエンザの薬の種類と効果

インフルエンザと診断されると薬を処方されますが、実はその薬にも何種類かあります。

感染した際に処方される代表的な薬の種類は
・タミフル
・リレンザ
・イナビル
・ラピアクタ
という種類があります。その他にもありますが、日本で処方されるのは上記の4種類が多いです。

この薬の使いわけに関しては、より詳細な情報を確認したい方は日本感染症学会のホームページを参照ください。

タミフル
インフルエンザの薬としては最も有名ですね。A型・B型の両方に効くと言われています。

ですが、一時期、副作用の異常行動との因果関係も話題になっており、小さい子供には処方を控えるケースが多いです。

カプセル、子供には経口投与で薬を処方されます。

リレンザ
リレンザもインフルエンザのA型・B型に効果がある薬です。

こちらは吸入薬で1日2回、吸い込む薬になります。
ウイルスは気道で増えるため、吸引して直接気道に薬を当てることでウイルスの増殖を防ぐことができます。

内服薬と比較すると副作用の異常行動が出にくいと言われています。

イナビル
2010年に発売された比較的新しいインフルエンザの薬です。A型・B型に効果があります。

リレンザと同じく吸入薬ですが、1回の吸引だけで治療は終わりです。

お子様にも勧めるところが多く、人気になっています。お子様が吸引する際にきちんと吸い込んでいるか、確認する必要があります。

ラピアクタ
こちらは点滴注射の薬でカプセルの服用、粉薬の吸引ができない方に投与されます。

重症な場合を除いて一度の点滴で終わるケースが多いです。

さて、インフルエンザの薬の代表的な種類はわかりましたね。

それでは、薬の飲み方について見てみましょう。


インフルエンザの薬の飲み方と効果

基本的に全てのインフルエンザの薬は症状が出てから48時間以内に飲まないと効果がないと言われています。

それは、ウイルスの増殖をストップさせるのが薬の効果でウイルスを完全に除去するものではないからです。

さらに、インフルエンザは高熱が出ますが、インフルエンザの薬に解熱作用はなく
発熱から48時間が過ぎると、薬を飲んでも効果がないことになります。

ですので、病院でインフルエンザと診断された場合は、その場でまず薬を飲むことになります。

薬を飲んだら、水分を多めにとって安静にしていましょう。

高熱で辛い症状ですが、早い人で効果が6時間後ぐらいで出ます。

遅くとも、半数〜2日ぐらいで解熱する方が多いので、それ以上、高熱が続くようでしたら重症化の危険もあるので、再度病院へ行きましょう!

インフルエンザ薬の中には予防に使えるものもあります。

タミフルをインフルエンザの予防で飲む方はあまり聞かないのですが、イナビルは簡単な吸引で予防ができるので予防薬としても人気があるようです。

子供にも安全なインフルエンザの薬って?

子供に安全なインフルエンザの薬を処方してほしいという気持ちは痛いほどわかります。

僕の娘は近所の総合病院で診察を受けて、タミフルを処方されました。

異常行動の話題もあり、とても心配でしたが苦しそうにしている子供をそのままにしておけず、薬を飲ませました。

異常行動は特に見られず、徐々に回復して2~3日で元気になってくれました。

インフルエンザに対して、いろんな薬があります。

が、注意すべき点は、
どんな薬も完璧に副作用が出ないものはない!
ということです。

頭痛薬、胃腸薬、風邪薬も様々な副作用の注意書きがあるのと一緒です。

異常行動が話題になるので、ついついそれ以外の副作用を忘れがちですが、下痢、胃腸炎、発疹、吐き気、動悸などの症状が出る可能性があります。

もし、ご自身やお子様に処方された際は、その薬の副作用についてお医者様や薬局でよくご確認ください!

まとめ

今回はインフルエンザの薬についてまとめました。

毎年、日本の1000万人が感染すると言われているインフルエンザですが、できることなら感染したくありませんね。

予防接種も一つの手ですが、なるべく普段から免疫力を上げたり、マスクをするなど対策は万全にしておきましょう!



-インフルエンザ
-, ,

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.