こどもの日

こどもの日にGWのイベントで無料になる神奈川のお得な施設5選

投稿日:2017年3月25日 更新日:

こどもの日

こどもの日ならお子さんとお出かけする!という方も多いと思いますが

ゴールデンウィークはなにかとお金がかかるもの・・・

少しでもお得に遊べる場所で、楽しい1日が送れるように、今回はこどもの日に無料になる神奈川の施設を紹介いたします。


横浜市 こどもの国

こどもが楽しめる「こどもの国」では、こどもの日に無料になるのだから行かないわけにはいきません!

横浜1長いローラーすべり台や、キュービックランド、なかよし広場、おとぎの広場などは小さな子から楽しめて、一日いても飽きることはないでしょう。

ミニSL太陽号やボート乗り場もあり、初めて乗る子にとっては大興奮!な経験になりますね。

園内にはレストランや売店もあり、特別な一日が過ごせそう。

5月5日には乳搾り体験や工作教室・こいのぼりペンダントもつくれて、ヒーローショー・パフォーマンスショー・自然スタンプビンゴ・大道芸に挑戦しよう・けん玉教室などなど。

かなり多彩なラインナップで遊び倒せるので、1日かけて疲れ切って満足するまで過ごせるといいですね。

こどもの国へのアクセス・料金

車での場合、東名横浜町田IC・東名横浜青葉ICから国道246号線方面へ向けて走ります。

電車の場合には、こどもの国線「こどもの国駅」より徒歩三分。

小田急線の「鶴川駅」からは、小田急バス「奈良北団地」(鶴07系統)にて約15分でこどもの国に着きます。

通常料金は3歳以上の幼児が100円、小・中学生が200円、高校生・大人が600円かかります。

横浜ランドマークタワー

横浜ランドマークタワーの69階のスカイガーデンは、子供の日に小学6年生以下なら無料で入ることができます。

今までにはポケモンまつりなども行っているので、楽しめるこども向けイベントもあります。

高い場所からの光景やこいのぼりとのコラボレーションは圧巻。

地上273mを体験できるランドマークタワーで貴重な一日を過ごしてみてはどうでしょうか。

横浜ランドマークタワー アクセス・料金

桜木町駅からは動く歩道で約5分、みなとみらい駅からは徒歩3分で着くことができます。

横浜駅からは東口から141系統「美術の広場前」にて下車

100円バスでは桜技町駅前バスターミナル、または日ノ出町駅前からも近く便利です。

車の場合、首都高速横羽線「みなとみらい出入口」から1分の好アクセス。ただし駐車場料金は有料です。

スカイガーデンの入場料は通常4歳以上の幼児が200円、小・中学生が500円、高校生とシニア(65歳以上)が800円
大人が1000円かかります。

東丹沢グリーンパーク

小学生以下なら無料になる東丹沢グリーンパークでは、アクティブなお子さんにとっては最高な場所。

アスレチックハイクやマンテンバイクなどもあり、男の子などはたくさん楽しめそう。

野外バーベキューなども家族で楽しんだり、つりぼりセンターでお父さんと釣りをするのもいい思い出になりそうです。

ゴールデンウィーク中の過ごしやすい時期だからこそ、十分満喫できそうです。


昨年は動物ふれあいイベントもあり、動物好きなお子さんや、小さなお子さんの体験としても是非行きたいですね。

東丹沢グリーンパークへのアクセス・料金

東名高速道路厚木ICから国道129号を相模原方面へ約7km、25分ほどの場所にあります。

通常料金は5歳以上の子供500円、中高生600円、大人が800円です。

神奈川芦ノ湖遊覧船

2015年には産経ニュースにも取り上げられていましたが、芦ノ湖遊覧船が無料に。

船内の窓から見える景色はなかなか見れないもの。

富士山も見ることができて、ゆったりした旅になりそうです。

小さなお子さんや、船に乗った経験のないお子さんへおすすめ。

比較的に静かで揺れも少ない船なので、安心して乗ることができます。

箱根なので、帰りにはのんびり温泉などもいいですね。

神奈川芦ノ湖遊覧船へのアクセス・料金

車の場合東名高速道路厚木ICから小田原厚木道路・箱根新道経由で50kmと少し遠目です。

電車の場合には東海道新幹線小田原駅から伊豆箱根バスで60分。

通常料金は1日フリー乗船の場合、大人1840円、子供920円です。
ただしコースによって料金が変動します。

箱根駒ケ丘ロープウェー

芦ノ湖畔から箱根駒ヶ岳山頂までをつなぐロープウェーが子供の日に小学生以下が無料に。

山頂には展望台などがあり、広場があります。

箱根全体を見渡せて、北西には富士山が見ることができます。

房総半島まで見渡せるその壮大さは感動もの。

芦ノ湖遊船からこちらも近く、併せて楽しめることができます。

近くには箱根水族館などもあるのでロープウェイで景色を楽しんだ後に様々な場所に行くのもいいですね。

また奈良時代の初期に創設されたという箱根神社でのお参りもしておくのも記念になります。

ふもとにある箱根園では、オリジナルのお土産にもなる焼き物をつくる「らくやきコーナー」や寄木細工コーナーの箱根伝統工芸にも触れることができます。

箱根駒ケ丘ロープウェーへのアクセス・料金

車の場合東名高速道路厚木ICから小田原厚木道路経由で箱根園へ52km。

駐車場もありますが、シーズンによっては有料になります。

電車の場合には小田原駅東口から伊豆箱根バスで箱根園にて下車。

通常料金は大人1300円、こども650円(往復)で、片道の場合は大人800円、子供400円です。

まとめ

こどもの日は子供たちも楽しみにしているイベント。

思い切り遊んで、素敵な経験をして、健康に順調に成長していくお子さんを見ながら大人も一緒に楽しめるといいですね。

本来こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日なのだそう。

いつもお家のことをしてくれるお母さんに感謝しつつ、みなさんで楽しんでくださいね!

最後までお読みいただき有難うございました。



-こどもの日

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.