父の日

父の日は娘から喜ばれるメッセージを贈ろう!照れくさいけど、パパが喜ぶ理由

投稿日:2017年3月23日 更新日:

手紙

父の日というと、何かしらのものをプレゼントしようと考えがちです。

食べ物や衣類、財布、健康アイテムなどいろいろなものをプレゼントの候補として考えるかと思うのですが、シンプルにメッセージを贈るというのもひとつの方法です。

特に、娘からのメッセージというのはお父さんにとって最高のプレゼントになるでしょう。

ただ、具体的にどのようなメッセージがいいのでしょうか?


父の日には娘からのメッセージを贈ろう

父の日に何もしないという方もいますので、それを考えれば何かプレゼントを用意して渡すというのも十分に素敵なことだと思います。

しかしながら、時にはメッセージというシンプルな贈り物のほうがお父さんの心に響くこともあるのです。

だからこそ、父の日には娘からのメッセージを贈ってみましょう。

父と娘というのは本人たちにしかわからない複雑な事情もあるでしょう。

同性であるお母さんに対してはなんだかんだとうまくやれるものですが、やはり異性であるお父さんには特に思春期の頃にひどい態度をとってしまったという方も多いのではないでしょうか。

もちろん、それをお父さんのほうが根にもっていることはないでしょうが、娘としてはそのあたりも気がかりでしょう。

罪悪感も残っているかと思います。

そういった自分の心のモヤモヤを晴らすためにも、父の日にメッセージを贈るべきなのです。

お父さんも喜んでくれるでしょうし、メッセージは自分の気持ちを整理するためのものでもあるのです。

メインはお父さんのためなのですが、結果的にそれが娘さん自身のためにもなるのです。

父の日は手書きのメッセージがおすすめ

父の日に娘からのメッセージを贈るのであれば、手書きがいいでしょう。

せっかくのメッセージなのにまるで書類のように印刷された文字列では、温かみが感じられないものです。

もちろん、手を怪我しているといった事情がある場合には無理に手書きにこだわる必要はありませんが、そういった特別な事情がないのであればなるべく手書きにしましょう。

大人になった娘の字を見れば、お父さんはそれだけで感動してしまうものです。

内容としては、やはり父の日ですから感謝の気持ちを伝えるべきでしょう。

大人になったからこそ、お父さんのこれまでの大変さというものも理解できるようになっているのではないでしょうか。


毎日仕事をして家計を支えてくれたこと、学校に行かせてくれたこと、大人になるまで育て上げてくれたこと、お父さんへの感謝というのは挙げていけばそれこそきりがないでしょう。

そういったものを素直に自分の字で表現していけばいいでしょう。

もちろん、先でもお話ししたように思春期の頃のいざこざなどが心に引っかかっているのであれば、そういったことに対して素直に謝罪をしておくことも大切かもしれません。

喜ばれるのは自分らしいメッセージ

父の日に娘からのメッセージというと、メッセージを贈る本人は改まった感じになってしまうかもしれません。

しかしながら、普段通りで構いません。

確かに改めて父の日にメッセージを贈るわけですが、だからといって自分らしさまで消し去ってしまう必要はありません。

字があまり綺麗でないからと他の人に代筆してもらう必要はありませんし、文章を考えるのが苦手だからと他の人に考えてもらう必要もありません。

もちろん、考えた文章を他の人に見てもらっておかしなところがないかをチェックするくらいはしておいてもいいでしょう。

ただ、父の日にメッセージを贈るからといって自分らしさを消す必要はないのです。

字がそんなに綺麗でなくてもそのままでいいですし、文章を考えるのが苦手ならそれこそ気持ちを込めた一言でもいいのです。

絵が得意ならメッセージと一緒にイラストを描いてもいいでしょうし、普段の自分らしくメッセージを贈るようにしましょう。

大人になったからといって、それこそ仕事の書類のような文面にする必要はないのです。

親子なのですから、いくつになっても等身大の自分でメッセージを贈るようにしましょう。

そのほうがお父さんも喜びます。

まとめ

父の日に贈る娘からのメッセージということでしたが、基本的にお父さんというのは娘からのメッセージに弱いものです。

これまでこわいと思っていたお父さんが娘からのメッセージひとつでホロリと涙を流してしまうかもしれません。

もちろん、娘としても父の日に改めてメッセージを贈るというのはなかなか恥ずかしいですし、照れくさいという部分もあるでしょう。

父の日というのはこれまで伝えられなかった感謝の気持ちや心に引っかかっていることを伝えられる絶好の機会なのです。

お父さんは間違いなく喜ぶでしょうし、メッセージとして自分の気持ちを形にすることによって自分の心もスッキリするのではないでしょうか。

最後までお読みいただき有難うございました。



-父の日
-

Copyright© SEASONS , 2017 AllRights Reserved.